寒さスキームには、真下をあたためることがお勧め!

「頭寒足熱」ということばがあるように、真下をあたためるといった血行がよくなるといわれています。例えば、就寝時にアンカを使うときは、真下に置くことがポイントです。そのとき、徒歩を伸ばした状態で、徒歩に直触れないギャップに据え置くことも大切です。

また、入浴が耐え難い患者さんの場合、足湯をするポイントがあります。大き目の洗面箱にお湯を張り、15〜20食い分ぐらい徒歩を閉じ込めるだけです。お湯の気温は38〜40都度ぐらいですが、冷めてきたときの「さし湯」につき、最初から豊富入れないことも大切です。

こちらのポイントだと、ベッドの上で寝た状態もできるため、患者さんの健康への困難も大幅に緩和が可能です。

最近は、暖房装置にも各種部類があり、足湯をでっちあげるような物品も人気になっています。こちらは、電気印をコンセントにつなぐだけで、お湯のセッティングも取り除ける結果、一段と明瞭・便利です。

なお、「ヘルスケア事柄」の時折、気軽に「足湯」が喜べる先もありますので、お出かけのときは、調べておくことをお勧めします。しじみエキスの効能は?意外と知らない効果があった。

寒さスキームには、真下をあたためることがお勧め!